プログラムなど

CORESERVERでPHPをCGIモードで動かす

CORESERVERのPHPは標準ではモジュール版で動作しており、セーフモードが有効となっています。

よってexec関数などセーフモードでは無効となる関数を使いたい時にはPHPをCGI版で動作させる必要があります。

PHP: セーフモードにより制限を受けるか無効となる関数 – Manual

その方法はCORESERVERのサポートページに記載されています。

PHPをCGIとして動かす方法について – CORESERVER.JP:コアサーバー

自分が設定した内容をまとめると、

.htaccess
CGI動作させたいPHPのファイル名をdoCGI.phpとすると

ちなみにPHPファイル側で1行目に
#!/usr/local/bin/php
などの記載は不要のようです。

PHPがCGI版として動作しているのかどうかチェックする方法は、
phpinfo()
を出力して、
項目「Server API」が「CGI」となっていればCGI版で動作しています。

Tags: ,

Posted in PHP

スポンサーリンク